排卵検査薬の通販

MENU

排卵検査薬を使い効率よく妊娠

 

基礎体温をつけて排卵日をチェックするなどして、赤ちゃん待ちをしている人も多いでしょう。

 

しかし、女性の身体はデリケートでちょっとしたストレスや大量不良などで排卵日がずれてしまうことは良くあります。一番確実に排卵日をチェックできるのは、排卵検査薬です。

 

排卵検査薬は排卵日前に分泌される黄体形成ホルモンのチェックを行っています。通常でも尿の中には存在しているのですが、排卵日前になるとその量が増えるのです。

 

それをチェックすることで妊娠しやすい日を特定することが可能になります。しかし、排卵検査薬の陽性のピークを待って性交渉を行っても、実は妊娠しやすいタイミングは過ぎてしまっていると言われています。

 

排卵日の前日もしくは前々日に性交渉を行った方が、排卵日当日に性交渉を行うよりも赤ちゃんができる確率が高いのです。

 

排卵検査薬をチェックして陽性になったら、翌日もう一度チェックを行って排卵日を特定するよりも、陽性になったタイミングで性交渉を行った方が妊娠する確率が高く、効率的です。

 

また、排卵検査薬の種類によって陽性反応が出てから排卵までの時間は異なります。使用しているものの陽性が出てから排卵までの時間を確認することを忘れないようにしましょう。

 

排卵検査薬に必要な検査時間とは

 

排卵日を特定する為に排卵日検査薬が用いられますが、検査時間は販売されている商品によって差が生じます。

 

日本国内で市販されているものは、平均で約3分ほどで結果がわかるようになっています。

 

 

検査薬によっては、種類によって検出の感度に差が生じます。感度が高すぎてしまい、反応が早く見られる場合もあります。

 

 

製品との相性もありますので正確に結果を知りたいのであれば、いくつかの検査薬を使用することで正確な結果が得られます。

 

現在ではデジタルタイプの排卵日検査薬が製品化されており、より正しい結果を得る為に最適です。

 

デジタルタイプは検査時間が非常に短く、約2秒から3秒の時間で結果を確認することが出来ますので、待ち時間のストレスを大幅に減少させることが可能です。海外製品ですと、安値な分正確性が不十分であったりもしますが、輸入製品ですとまとめて購入することによって、比較的安値で手に入れることができます。妊娠を希望している方は、排卵日予定前からなるべく早めに使用したい方にとって、コストを大幅に削減できるといったメリットがあります。

 

海外製品の排卵日検査薬の検査時間は、正しい使用方法によって平均で3分前後となっています。

 

 

排卵検査薬で陽性が出た場合、いつ排卵するの?

 

排卵検査薬とは排卵日を予測するものですが、では陽性反応が出た場合、実際にはいつごろ排卵するものなのでしょうか?

 

排卵する前には、LHと呼ばれる黄体形成ホルモンの値が急激に高くなります。

 

排卵検査薬はこの特性を利用して、尿中のLH濃度が20mlU/mlを超えると反応を示します。

 

一般的に、検査薬が陰性から初めて陽性になった時から36時間以内に排卵するとされています。

 

なので、正確に排卵日を予測するためには、検査反応が陰性の時から検査薬を使い始める必要があります。

 

目安としては、次の生理予定日の14日前頃に排卵するので、予定日の17〜20日前あたりから使い始めると良いでしょう。

 

生理周期が不規則な人は、次の予定日の予測が難しいと思いますが、一番早い周期を基準にして予定日を計算してみて下さい。

 

注意点として、LHは普段から少量分泌されていて、その量には個人差があります。

 

検査薬を1週間くらい使用して、ずっと陽性、もしくはずっと陰性が続く場合は、排卵日の予測ができません。

 

このような結果が数周期続くような場合は、一度産婦人科医に相談してみると良いでしょう。

 

排卵検査薬は妊娠を望む女性をサポートしてくれる心強い味方なので、仕組みについて良く理解して上手に利用できたらいいですね。

 

 

排卵日と豆知識:妊娠したいけど冷え性

 

妊娠には、温かい身体が必要不可欠です。なぜなら、身体が冷えると卵巣や子宮の機能が低下してしまうからです。

 

女性は、年齢が上がると共に代謝も悪くなります。

 

しかし、若い20代の女性でも、生活習慣の乱れによって冷え性の方が増えているため、妊娠しにくい身体になってしまっている方が多いです。

 

 

排卵日は、1か月に1度しかない貴重な日です。妊娠を考えている方は特に、排卵日前後の冷え性対策を徹底しておこないましょう。

 

 

排卵日前後は、身体を芯から温めることを実践することで、卵巣や子宮の血液の流れが良くなります。

 

身体が温まり血流が良くなることによって生殖機能が高まり、排卵から受精、そして着床しやすい身体となるのです。

 

排卵日前後だけでなく、常に冷えを取り除く対策を心がけましょう。

 

まずは生活習慣を見直すことです。乱れた食生活や、睡眠時間、運動不足など、冷え性となる原因がどこかにあるはずです。

 

そういった点を見直し、改善していくことにより、常に温かい身体を保てます。

 

冷えは、排卵日に限らず、日常の基礎体温の安定にもつながります。

 

基礎体温の低温期や高温期が安定しない方や、高温期が短い方などは、少なからず身体の冷えが関わっています。

 

理想的な基礎体温にするためにも、日頃から身体を温める対策をおこないましょう。

2016/11/22 12:07:22 |
限られた時間を有効にする排卵日検査薬女性にとって妊娠のタイミングが悪ければ、それだけで人生が変わってしまいます。妊活を早い時期から行っていたとしても、結果がでなければ不妊という事実に苦しむことになります。しかも、年齢が経つということは、卵子の質も低下してしまう可能性があるのです。条件がどんどん厳しくなってから不妊治療を行っても、時間もお金も大きな負担になります。子供ができないという理由でストレスを増加させてしまい、心身の状態が悪い方向に向いてしまうこともあるのです。こうした背景からも、排卵日検査薬を積極的に利用すべきという声があがっています。やはり、妊娠しやすいタイミングを把握するということは...
2016/11/15 22:14:15 |
排卵前におこりがちな肩こり月経前症候群は世間にも浸透してきたので、一昔前よりも理解されやすい環境が整ったかもしれません。しかし排卵日前に起こる諸症状に関してはなかなか理解されにくく、女性の中でもただの体調不良だと勘違いする人もいるかもしれません。しかし排卵日前の症状として肩こりが酷くなるというのを知っているのでしょうか。そもそも月経前症候群も排卵日前の諸症状もホルモンの影響によるものです。女性の身体は生理の周期でホルモンの増減が激しいので、どうしても体調不良を起こしやすい身体のつくりになっています。ホルモンの変化に影響され自律神経が乱れることで身体は緊張しこわばり、血流が悪くなることもあります...
2016/11/15 22:13:15 |
排卵検査薬を買ったけど・・・買おうか迷ったけど、買っちゃいました。排卵検査薬。ドラッグストアで買う予定だったんですけど、知り合いから、ネットの方が安いということを聞いて早速買っちゃいました。で、今日届きました。メール便で発送されたのに意外と早くてびっくりです。梱包とか対応も丁寧で、これならネットで買っても安心だな~って思いました。今日が前回の生理開始から数えて10日。もしかしたら反応出るかな?と思って検査してみたところ、薄くではありますが反応が出ました。線がうっすら浮かび上がってきました。でもまだ排卵日まではかかるかな?っといった感じです。初めて使ったので確信はないんですけどね。でも排卵日にな...
2016/11/15 22:13:15 |
排卵日と豆知識:妊娠したいのならば肥満は直しましょう妊娠を望んでいるのに中々その兆しがない場合、すぐに病院に行くにはまだ早いかもと躊躇うこともありますよね。特に20代や30代前半で結婚して1年未満といった辺りでは、その傾向が強いのではないでしょうか。ただ注意して欲しいのは、年齢に関係なく排卵自体が起きていないこともありえるということです。ダイエットで著しく体重が減少してしまい、生理自体が止まってしまった場合は分かり易いですよね。しかし生理があっても排卵はしていない場合もあり、妊娠を望むのであればきちんと排卵がされているか調べる必要があります。まずは基礎体温を毎日測りましょう。高温期と低温期の境...
2016/11/15 22:12:15 |
妊娠しにくい体は排卵する日のポイントを押さえるパートナーと妊娠を希望し、定期的に性行為を行っているのに、なかなか妊娠しないという人はいませんか?もしかするとそれは性行為のタイミングの悪さが原因かもしれません。女性の身体は生理周期があり、基礎体温を計ってみると低温期、そして高温期があります。女性ホルモンによってその温度差が現れるのですが、低温期から高温期になる時に排卵日があり、高温期から低温期に下がる時に、生理が来るというリズムになります。この体温がきちんと2層に分かれている生理周期であると、自分でも排卵日のタイミングを取りやすく、妊娠の可能性をあげることもできます。しかし2層に分れず温度グラフ...