妊娠しにくい体は排卵する日のポイントを押さえる

MENU

妊娠しにくい体は排卵する日のポイントを押さえる

 

パートナーと妊娠を希望し、定期的に性行為を行っているのに、なかなか妊娠しないという人はいませんか?

 

もしかするとそれは性行為のタイミングの悪さが原因かもしれません。女性の身体は生理周期があり、基礎体温を計ってみると低温期、そして高温期があります。

 

女性ホルモンによってその温度差が現れるのですが、低温期から高温期になる時に排卵日があり、高温期から低温期に下がる時に、生理が来るというリズムになります。

 

この体温がきちんと2層に分かれている生理周期であると、自分でも排卵日のタイミングを取りやすく、妊娠の可能性をあげることもできます。

 

しかし2層に分れず温度グラフがガタガタしているなどがあれば自分でタイミングを計ることが出来なくなりますね。

 

 

その場合は、病院でホルモン量を計って排卵日を予測する方法が一番確実でしょう。妊娠しにくいと感じた時には、排卵日を押さえること。

 

そして自分で判断に迷ったら、基礎体温などを計ってみる、そして薬局で排卵チェッカーなどを購入して検査してみる、また最終的には、病院でホルモン検査を受けて判断をしてもらう方法が妊娠への近道になります。

 

性行為は正しいポイントを押さえ、妊娠の成功率をあげていきましょうね。